入れ歯外来

False Teeth
当院の入れ歯外来

歯を失ってしまった場合、歯のない部分を補う方法として入れ歯、インプラント、ブリッジなどの治療法がありますが、皆さんは入れ歯に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

入れ歯と言えば・・・

  • 金属のバネなどの見た目が気になる
  • 歯の色・歯並びが浮いて見える
  • すぐに外れてしまう
  • 食事中、食べ物が噛みにくく美味しく食べられない
  • 使用時に違和感・痛みがある
  • 発音がしにくい

このように、入れ歯を入れることに対してマイナスイメージを強く持っていらっしゃる方も多いでしょう。
あるいは、現在使用している入れ歯に不満があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マイナスイメージを払拭する入れ歯のメリット

入れ歯に関するお悩みは、合わない入れ歯を使用することで発生するものです。
合わない入れ歯の使用を続けることは患者様の生活の質を下げてしまいかねませんが、本当に自分に合った入れ歯であれば、これらの問題は克服することができます。

また、入れ歯にはデメリットだけではなく、他の治療法にはない様々な優れた点があります。

1.こまめな調整
修理・取り替えが可能
固定性のインプラントや健康な歯を削るブリッジは、治療のやり直しがなかなかできないのが難点ですが、入れ歯はその都度対応することができます。
2.外科的手術が不要

インプラント治療は外科手術を伴う治療法です。外科的侵襲による負担が大きいと判断された場合、インプラント治療を受けたくても受けられないこともあります。
しかし、入れ歯の場合は外科手術を行う必要がありませんので、お身体へのご負担が気になる方にも対応可能です。
3.常に清潔な状態を
維持しやすい
固定性のインプラントやブリッジと比べ、入れ歯は着脱が可能なため衛生管理がしやすいという特徴があります。汚れなどが気になった場合には、いつでも洗浄することができます。

保険診療と自費診療の入れ歯

保険診療の場合

保険診療で入れ歯を作成する場合、入れ歯の構造・素材の選択肢は限られます。
噛み心地や装着感、強度は自費診療のものと比べて劣りますが、治療費を抑えることができ、治療期間も短く済みます。

自費診療の場合

自費診療で入れ歯を作成する場合、歯や床、維持装置の構造・素材の選択肢は広がります。
自費となりますので治療費は比較的高額となりますが、装着時の違和感が少なく食事時にもしっかりと噛むことができ、強度・見た目ともに優れた入れ歯の作成が可能です。

当院の入れ歯治療の主な流れ

Step1.カウンセリング

患者様の現在の口腔内の状態や入れ歯についての診査を行い、綿密に治療計画を立てていきます。

Step2.治療開始

入れ歯を作成する前に、歯周病や虫歯の治療を行います。

Step3. 型取り・入れ歯の作製

歯周病や虫歯の治療が終了し、入れ歯を入れるのに最適な口腔環境を整えた後、歯科技工士が自院の技工所にて入れ歯の作成を進めていきます。

Step4.治療完了

仕上がった入れ歯を装着していただき、噛み合わせや装着感を確認し、必要に応じて調整を行い、治療が完了となります。

当院の入れ歯治療の主な流れ

当院の入れ歯外来では、患者様との入念な相談のもと、しっかりと噛める優れた装着感の入れ歯を、国家資格を有する歯科技工士が丁寧に作成しております。

「現在使用している入れ歯が合わない」「入れ歯の作成を検討しているが抵抗がある」など、入れ歯に関するお悩みをお持ちの患者様は、ぜひファミリー歯科へお気軽にご相談ください。

PAGE TOP