インプラント周囲炎

Peri-implant
インプラント周囲炎とは?原因/治療法/予防策

インプラントの治療期間は長期に渡り、自費治療となることから治療費も高額となります。それだけの時間と費用をかけるのであれば、やはりできるだけ長くインプラントの使用を続けたいものです。
しかし、患者様のインプラント治療後の過ごし方によっては、最悪の場合インプラントの脱落を招くインプラント周囲炎を引き起こす可能性があります。

インプラント周囲炎とは

壊れたインプラント

インプラント周囲炎とは、インプラントが細菌に感染した状態を言います。インプラントの歯周病とも言えるでしょう。
しかし、天然歯に比べインプラントは、炎症への抵抗性が低いため一度細菌感染を起こすと骨吸収は急速に進行します。自覚症状が出にくく、気が付いたときには重症化しているケースも多いため、日頃のメンテナンスによる感染予防が重要となります。

インプラント周囲炎の進行度別の症状

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎が重度にまで進行している場合、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが自然と抜け落ちてしまったりすることもあります。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎は、口腔内が不衛生な状態となって、歯周病菌が増殖することによって引き起こされます。そのため、ブラッシングなどのセルフケアや定期的なメンテナンスによる清掃が不可欠であることは言うまでもありません。

さらに、インプラント周囲炎には全身疾患や生活習慣も大きく関わっています。主なリスクファクターとして、以下のようなことが挙げられます。

糖尿病
糖尿病の場合、術後の傷口の治癒や骨結合に悪影響を及ぼす恐れがあり、インプラント周囲炎を引き起こしやすくなります。
喫煙
タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は、血管収縮や血流阻害などを引き起こし、インプラント周囲炎の発症リスクを高めます。
貧血
貧血によって組織が酸素欠乏に陥ると、術後感染を起こしやすくなり、インプラント周囲炎を発症することがあります。

インプラント周囲炎が及ぼす影響

他の健康歯への影響

インプラント周囲炎の原因菌は歯周病菌です。歯周病菌が増殖すると、その他の健康な歯にも炎症が起こりやすくなり、歯周病のリスクが高まります。
また、既にインプラントがグラグラしている場合、噛み合わせに影響が出て、他の歯への負担が大きくなってしまうことも懸念されます。

全身への影響

インプラント周囲炎を引き起こす歯周病菌は、全身疾患の発症・進行を助長する恐れがあります。糖尿病や動脈硬化、心臓病などの疾患を抱えている方は、特に注意が必要です。

インプラント周囲炎の治療法

インプラント周囲粘膜炎・インプラント周囲炎を発症してしまった場合、自然に治癒することはありません。原因に適した治療を早期に進めていくことが大切です。

インプラント周囲粘膜炎

インプラント周囲粘膜炎の時点では、病状が悪化してインプラント周囲炎を引き起こさないよう、以下のような治療を行っていきます。

  • 歯周ポケットの洗浄
  • PMTC(専門家による歯のクリーニング)
  • 口腔衛生指導の強化
  • メンテナンスの来院期間の短縮

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は、病状や考えられる原因によって適した治療方法を決定していきます。 主に行われる治療法は以下のような方法となります。

  • 機械を使ったプラークや歯石の除去
  • クロルヘキシジンによる消毒洗浄
  • 局所的・全身的抗菌療法
  • インプラントの除去

インプラント周囲炎の予防策

インプラント治療後にインプラント周囲炎を発症しないためには、以下のような予防策が有効です。

セルフケアによる口腔清掃

日々の丁寧なブラッシングで、歯に付着したプラーク(歯垢)をしっかりと除去し、口腔内の清潔を保ちましょう。

歯科医院での定期的なメンテナンス

メンテナンス中の歯科衛生士

インプラントの治療後はメンテナンス期へと移行します。術後の経過がよいからといってメンテナンスを怠っていると、セルフケアだけでは落としきれない汚れが蓄積されていきます。必ず担当医の指示通りにメンテナンスへ通いましょう。

定期メンテナンスでは、プラーク・歯石の有無、インプラントや他の歯、歯茎、噛み合わせの状態の確認、顎の骨の状態の診査を行い、その結果をもとにトラブルを防ぐための調整処置や指導を受けます。

禁煙

タバコはインプラント周囲炎を引き起こし、脱落を招く大きな原因です。喫煙者の方は、歯科医院で相談するか禁煙外来を受診しましょう。

治療後のトラブルを防いでインプラントを長持ちさせましょう

インプラントの寿命は、患者様の治療後の過ごし方や身体の状態によって左右されます。
特に、徹底的なセルフケアや定期的なメンテナンス、禁煙はインプラント周囲炎を予防する重要なポイントです。これらの予防策を実践しながら、治療後のインプラントを長持ちさせましょう。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

PAGE TOP