ファミリー歯科医院

048-471-8020

診療時間:9:00~13:00/14:30~19:00 休診日:日曜日・祝日

一般歯科 -
歯周病治療

歯周病治療

日本人が歯を失う原因の1つに、歯周病があります。
自分の歯を長く使い続けるためには、歯周病という病気について知っておかなくてはいけません。

歯周病とは?

プラークが綺麗に除去されていないと、歯と歯茎にある歯肉溝(しにくこう)にプラーク内の細菌が侵入し、増殖します。細菌によって歯肉溝が炎症を起こすと、その溝はどんどん深くなり、歯周ポケットと呼ばれる状態となります。炎症が進行して歯を支える歯槽骨にまで炎症が到達してしまうと、骨が溶かされてしまいます。

また、歯周病はお口の中の健康にとどまらず、全身の健康にも影響を及ぼします。特に糖尿病を患っている方は、相互に悪影響を与えてしまうため、歯周病治療を行うと糖尿病の症状も改善することがあります。

歯周病に
なりやすい方の特徴

  • 適切なプラークコントロールができていない
  • 45歳以上である
  • 糖尿病である
  • 妊娠中である
  • タバコを吸っている

歯周病の症状

歯周病になると、歯肉の腫れ・出血などの症状が引き起こされ、重度の場合は歯がグラグラして抜け落ちてしまうこともあります。また、歯周病原菌は強い悪臭を持つメチルメルカプタンというガスを多量に発生させることから、口臭が非常に強くなることも特徴のひとつです。

カルテを持つ女性歯科衛生士

心当たりはありませんか?

  • 歯茎が腫れて痛い
  • 起床時に口の中がネバつく
  • ブラッシングで出血する
  • 歯がグラつく
  • 硬いものが噛みにくい
  • 口臭が強い
  • 歯茎が下がっている

歯周病検査

当院では、OHIS(歯周病リスク評価)や歯周基本検査を行っており、歯周病のリスクを調べることが出来ます。歯茎からの出血や歯のグラつきといった症状が現れていても、一概に歯周病が原因だと言えません。また、現在の歯周病の状態を調べることで、今自分はどのような治療を行うべきかを確認することが出来ます。

歯周病検査

ブラッシングの指導

歯の模型と歯ブラシを使ってブラッシングの指導をしてる女性歯科衛生士

歯周病は、プラークコントロールが適切に行われていないために引き起こされる病気です。プラークコントロールの基本となるのがブラッシングです。ブラッシングが上手くできていない方には、自分に合った歯ブラシの選び方から正しい持ち方、毛先の当て方までを、歯の模型を用いて丁寧に指導します。

歯の模型と歯ブラシを使ってブラッシングの指導をしてる女性歯科衛生士

歯石の除去

歯石除去をしてる女性歯科医師

プラークが除去されず歯に付着した状態が長く続くことで、唾液に含まれるミネラル成分が沈着し、石灰化して硬くなったものを歯石といいます。歯石の表面はザラザラとしているため細菌の温床となりやすく、歯周病の原因となります。
歯石は硬く、ブラッシングでは除去できないため、歯科医院でスケーラーと呼ばれる専用の器具や超音波などを用いて取り除く必要があります。

歯石除去をしてる女性歯科医師

歯周外科治療

歯周外科治療を行っている髙田孝俊院長

重度の歯周病では、普段は見えない歯周ポケットの奥深くにも歯石が溜まっています。その場合、歯肉を切開して歯石を除去する歯周外科治療を行います。このとき、必要に応じて歯槽骨の整形を行うこともあります。

歯周外科治療を行っている髙田孝俊院長

抜歯

歯の治療を行っている歯科医師

ブラッシングなどの歯周基本治療や歯周外科治療をもってしても歯周病の症状が改善されない場合、他の健康な歯への影響も考慮して、抜歯せざるを得ないケースもあります。

歯の治療を行っている歯科医師

お知らせNEWS

  • 2018.08.07サイトをリニューアルしました。
copyright Family dental clinic. All right reserved.