ファミリー歯科医院

048-471-8020

診療時間:9:00~13:00/14:30~19:00 休診日:日曜日・祝日

インプラントとは

インプラントとは?
どんな治療法?

近年は、インプラントが一般的になってきて、単に「インプラント」と言えば歯科治療のインプラントを指すことが多いと思います。しかし、厳密に言えば、インプラントとは体内に埋め込む人工物のことを言います。整形外科の骨折治療で使用されるボルトも、厳密にはインプラントです。
デンタルインプラント(ここではインプラントとします)について、デメリットも含めて把握し、納得して治療法を選択することが大切です。

インプラントとは?

インプラントとは、顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、そこに上部構造(人工歯)を装着することで、咀嚼機能(噛み砕く機能)を天然歯とほぼ同等の状態にまで回復することができる治療法です。
また、歯本来の機能とともに、天然歯と変わらない審美性をも取り戻すことが可能です。

インプラントの
メリット・デメリット

虫歯や歯周病などの口腔トラブルや不慮の事故、先天的な理由により歯を失ってしまった場合、そのままの状態で放置していると、噛み合わせや歯並びに悪影響を及ぼしてしまいます。失った歯を補う方法として、ブリッジ、入れ歯、インプラントのいずれかを選択することとなりますが、その中でもインプラントは機能性と審美性を両立している優れた治療法と言えるでしょう。

しかし、インプラントにもデメリットはあります。それぞれの治療法のメリットだけでなく、デメリットを把握して、ご自身に合った治療法を選択することが大切です。

Merit インプラントのメリット

  • 天然歯と同様の噛み心地が得られる
  • 見た目の美しい歯が入る
  • 独立した歯が入るので、他の健康な歯を削らない
  • 金属アレルギーが起こりにくい
  • 顎の骨が痩せるのを防げる

Demerit インプラントのデメリット

  • 自由診療のため、治療費が高額となる
  • 治療期間が長くなる
  • 外科手術が必要なため、全身状態によっては適用しない
  • 継続的なメンテナンスが必要になる

ブリッジ・入れ歯との違い

インプラントとブリッジ・入れ歯との違い

歯を失った場合、インプラントのほか、ブリッジ・入れ歯による治療が可能となりますが、ブリッジの場合は支えとなる歯が必要となるため、連続して多くの歯を失っている場合には適応となりません。
ブリッジも入れ歯も、保険が適用となります。しかし、他の歯に負担をかけ、さらに歯を失うリスクを高めてしまうことから、今だけでなく将来を見据えて治療選択を行うことが大切です。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削り、その歯を支えにして歯を補います。固定式のため違和感が少なく、歯の素材によっては天然歯とほぼ同等の見た目を取り戻すことができますが、健康な歯を削るため、将来的にその歯を失うリスクを高めてしまいます。また、失った歯の人工歯が不衛生になりやすいといった難点もあります。

入れ歯

入れ歯

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、どちらも取り外しが可能です。保険治療の場合は、金属やプラスチックの義歯床(土台)、やクラスプ(留め具)で入れ歯を固定するタイプとなります。
ブリッジとは違い、歯を削らずに済み、広範囲で歯を失っている場合にも適応可能ですが、口腔内の違和感が強く外れやすい、食べ物が挟まりやすい、審美性に欠けるなどのデメリットがあります。

ブリッジ・入れ歯・
インプラントの比較

ブリッジ 入れ歯 インプラント
審美性 素材によってはより審美性が回復できる 部分入れ歯の場合、金属のバネが目立つ 天然歯に近い
噛み心地 天然歯に近い 入れ歯が合わないと、痛みや違和感を生じる 天然歯に近い
噛む力 天然歯に近い(支えになる歯の状態によって異なる) 部分入れ歯で天然歯の40%程度、総入れ歯で20%程度 天然歯に近い
他の歯への影響 支えとなる歯を削る必要がある 部分入れ歯は、バネをかける歯に負担をかける 独立した歯をつくるため、影響しない
味覚 影響しない 熱を感じにくく、味覚に影響する 影響しない

インプラント治療の流れ

「インプラント治療を受けたい」という患者様であっても、すぐに治療を開始することはありません。カウンセリングや精密な検査を行った後に、治療計画を立案し、患者様がご納得されてから治療を開始します。

以下に、インプラント治療の大まかな流れをご紹介しますが、虫歯や歯周病がある場合には、病気の治療をしっかり行ってからでなければ治療を開始できません。骨量が不足している場合には、骨を増やす治療が必要となります。また、これらの場合、治療期間も通常より長くなります。

  1. STEPカウンセリング インプラント治療の流れ カウンセリング

    専用スペースにてカウンセリングを行います。患者様のお悩みやご希望を伺ったうえで、最適な治療法をご提案いたします。

  2. STEP診査・診断 インプラント治療の流れ 検査・診断

    レントゲン・CTによる診査・診断を行い、歯や顎骨の状態、噛み合わせなどを総合的に判断して治療計画を立てていきます。

  3. STEP1次手術
    インプラント治療の流れ 1次手術 インプラント治療の流れ 1次手術

    インプラント(人工歯根)を埋め込む一次手術を行います。インプラント埋入後は、インプラントと顎の骨が結合して安定するまで数ヶ月ほど待ちます。
    ※顎の骨が足りない場合は骨造成手術を行うため、さらに治療期間を要します。

  4. STEP2次手術
    インプラント治療の流れ 2次手術 インプラント治療の流れ 2次手術

    埋め込んだインプラントと顎の骨が結合したら、再び歯肉を切開してインプラントを露出させ、仮歯を装着する二次手術を行います。

  5. STEP人工歯の装着 インプラント治療の流れ 最終補綴物の装着

    術後の傷が落ち着いたら、いよいよ人工歯を装着してインプラント治療が完了となります。

  6. STEPメンテナンス インプラント治療の流れ 定期メンテナンス

    治療後は、定期的に医院で噛み合わせのチェックやクリーニングなどのメンテナンスを行います。インプラントの良好な状態を長持ちさせるには、患者様の毎日のセルフケアと、術後のメンテナンスの継続が大きなカギとなります。

インプラント手術は痛い?

インプラント治療は外科手術が必要となります。そのため、手術に伴う痛みを心配されている方も多いです。手術に対して不安や恐怖心をお持ちの方も少なくありません。
しかし、インプラント治療は麻酔を使用するため痛みを感じることはありません。当院では、局所麻酔と併用して静脈内鎮静法を行い、痛みだけでなく不安や恐怖心を軽減して治療を受けることが可能です。

術後の痛み

術後の痛みの程度は個人差が大きいところですが、インプラントの手術後、特に広範囲にわたる手術や骨造成を行った後には、麻酔が切れてから痛みや腫れなどの症状が現れることがあります。そのため、治療後に処方される鎮痛薬や抗生剤を服用して症状を軽減します。

通常、数日後には症状は緩和していきますが、術後の痛みや腫れが長期間続いている、激しい痛みがある、日に日に痛みが強くなっているといった場合には、担当の歯科医師にご相談ください。

静脈内鎮静法とは?
静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、ウトウトとうたたねしているような状態を作り、患者様の手術に対する精神的ストレスや負担を和らげる麻酔法です。

当院では麻酔医が全身管理を担当し、手術に立ち会います。徹底した全身管理のもと、快適に治療を受けていただけます。

インプラント治療を検討されている方は
ぜひ当院へお問い合わせください

志木のファミリー歯科医院では、身体への負担を軽減し、安全性が高く高度なインプラント治療を提供できるよう努めています。「インプラント治療を考えているけれど、他の歯科医院で治療を断られてしまった」「しっかり相談に乗ってくれるところで治療を受けたい」など、今後インプラント治療を検討されている方は、ぜひ当院へご相談ください。

お知らせNEWS

  • 2018.08.07サイトをリニューアルしました。
copyright Family dental clinic. All right reserved.