ファミリー歯科医院

048-471-8020

診療時間:9:00~13:00/14:30~19:00 休診日:日曜日・祝日

このようなお悩み
ありませんか?
お悩み・ご希望
にお応えする治療法

歯が痛そうな女性

虫歯が痛む

虫歯があるのに、なかなか歯医者に行かない人は意外と多いです。しかし、虫歯は自然に治ることはありませんので、放っておくと進行していきます。

痛みが我慢できなくなって受診される方も少なくありませんが、その段階ではある程度虫歯が進行してしまっています。進行するほど、歯や身体に負担のかかる治療が必要になってしまうため、早めの受診が大切です。

治療の痛みが心配・
怖いという方へ

歯科治療の説明をする歯科医師

歯の治療に対して、怖い・痛いといったネガティブな印象をお持ちの方が多いです。しかし、近年は痛みを軽減して治療を行うことが可能になっています。「小さい時に受けた歯科治療が痛かった」「麻酔の注射が苦手」という方も、安心して治療を受けていただけます。

進行すればするほど、負担のかかる治療が必要になりますし、重度になると抜歯が必要になってしまいます。負担の少ない治療で済むように、早めの治療をおすすめします。

「痛みがなくなった=治った」ではありません

歯科治療の説明をする歯科医師

虫歯は進行すると強い痛みを伴います。眠れないほどの痛みに襲われることもあるでしょう。しかし、さらに進行して歯の神経(歯髄)が死んでしまうと、痛みを感じなくなってしまいます。

虫歯の痛みがなくなるのですから、良いことのように思う方もいるかもしれません。しかし、神経が死んでしまうと歯はもろくなり、ボロボロになってしまいます。痛みはなくても、虫歯は治っていませんので、その悪影響は歯を支える骨や全身に及ぶようになります。
「痛くないから治療をしなくて良い」ということではありません。少しでも歯への悪影響を防ぐため、早めの受診が大切です。

歯を指さす女性

歯が抜けたまま

「1本くらい歯がなくても問題ない」と思っている方はいませんか?歯が抜けたままの状態を続けていると、さまざまな悪影響が及びます。抜歯が必要になったら、抜歯後の治療法の選択も併せて行うことが大切でしょう。

歯を抜けたまま放置すると…

歯が抜けたまま放置していると、次のような悪影響が及びます。

歯並び・噛み合わせが悪くなる

歯並びの悪い歯

歯が抜けたままになっていると、噛み合う歯が伸びてきたり、隣り合う歯が倒れてきてしまったり、歯並び・噛み合わせの乱れを招く要因となります。

また、歯がなく噛みにくいことが原因で、片側でばかり噛む癖がついてしまうことも、歯並びや噛み合わせが乱れる要因になります。

さらに歯を失うリスクが高まる

歯抜けの放置で更に歯を失うリスクが高まる説明をする歯科医師

歯が抜けたままの状態を続け、歯並びや噛み合わせの乱れが生じると、口の中が不衛生になりやすくなります。それにより、さらに歯を喪失するリスクが高くなってしまいます。

1本の歯を失ったことで、多くの歯を失うことがないように、抜歯を行った箇所を補う治療を行うことが大切です。

病気のリスクを高める

歯科治療

多くの歯を失って、しっかり噛めなくなると、全身にさまざまな悪影響が及び、さらには病気のリスクを高めることにつながります。
しっかり噛めなくなると、脳への血流量が減少し、認知症のリスクが高まることがわかっています。

また、満腹感が得にくくなり、肥満や糖尿病になりやすくなることもわかっています。そのほか、歯を失って噛み合わせが悪くなると、全身バランスの乱れを招き、転倒しやすくなります。高齢者にとっての転倒は、寝たきりも招くため注意が必要です。

歯を補う治療(補綴治療)が必要です

抜歯が必要になったら、その後、どの治療で歯を補うのかを決める必要があります。歯を補う治療(補綴治療)には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。それぞれの治療法を理解して、ご自身に合った治療法を選択することが大切です。
当院では、丁寧なカウンセリングを行い、患者様に治療を理解いただき、納得して治療法を選択いただけるよう努めています。

  • ブリッジブリッジ
  • 部分入れ歯部分入れ歯
  • インプラントインプラント
歯

歯の色・形が気になる

歯の色や形には個人差があります。もちろん、生活習慣や日頃のケア、噛み合わせが原因で、歯の色や形が悪くなってしまう場合もあります。歯の色や形が気になって、口元に自信を持てないという方も少なくありませんが、治療によって理想の歯の色・形を手に入れることも可能です。

歯を希望の白さに変えられます

歯を白くする方法には、主にホワイトニングとセラミック治療があります。ホワイトニングは、着色や変色によって黄ばんでしまった歯を、薬剤を使用して白くする方法です。また、セラミック治療(プロセラオールセラム)は、歯の一部、または歯の全体にセラミックを使用して、自然な白い歯を作る方法です。歯の状態によって最適な方法は異なるため、お気軽にご相談ください。

  • クリーニングで歯は白くなる?

    歯の黄ばみの原因が軽度の着色など汚れであれば、クリーニングによって歯が白くなる場合もあります。しかし、黄ばみが強い場合や歯が変色している場合などは、クリーニングで歯を白くすることはできません。
    また、クリーニングは歯自体を白くするわけではないため、歯の本来の色まで白くなる場合もありますが、希望の白さまで白くしたい場合には、ホワイトニングが必要です。

  • 目立つ銀歯も白い歯に!

    「銀歯が目立って気になる」という方も、セラミックの白い素材を使用して、自然な白い歯にできます。また、保険の白いプラスチック素材(レジン)の変色により黄ばんでしまった詰め物・被せ物も、変色しにくいセラミックによって自然な白さが手に入り、長期的に白さを維持できます。

歯が短い、形を変えたいという方も

審美治療の説明をする歯科医師

セラミックを用いて、歯の形を整えることが可能です。歯が欠けてしまった、1本だけ歯が短くて気になるという方も、理想の歯を手に入れられます。 しかし、歯が欠けたり摩擦で小さくなってしまったりした、根本の原因を解消することも必要になる場合があります。形を整えたい歯だけでなく、お口の中全体をみて治療を進めることが大切です。

クリーニング中の歯

歯のクリーニングをしたい

毎日歯磨きを行っていても、磨き残しは誰にでもあります。定期的なクリーニングで、徹底的に汚れを除去することは、虫歯や歯周病の効果的な予防につながります。
当院では、お口の健康維持に向け、クリーニングをはじめとするメンテナンスをおすすめしています。

歯科で行うクリーニングとは?

歯科で行うクリーニングは、専用の器具・薬剤を用いて徹底的に歯を磨き上げます。歯ブラシでは除去できない歯石やバイオフィルムも取り除き、歯磨きだけでは行き届かない箇所の汚れも、しっかり落とします。

効果的な予防には、ブラッシングだけでなく、プロフェッショナルケアも欠かせません。定期的なクリーニングによって、病気にならない口腔環境をつくることが大切です。

歯のクリーニング

キレイな歯を維持するために

歯科衛生士によるTBIの様子

当院では、歯磨き指導(TBI)に力を入れています。効果的にお口の健康を守るためには、セルフケアだけでなく、クリーニングを含めた定期的なメンテナンスが必要となりますが、やはりご自身で毎日行う歯磨きは予防の基本です。キレイな歯を維持するためには、セルフケアの質を高めることも必要です。

「キレイに磨けているつもり」の人も少なくありません。ご自身のうまく磨けていない箇所や磨き方の癖などを把握し、正しい磨き方を身に付けることが大切でしょう。
当院では、スタッフが患者様一人ひとりに、ブラッシング指導を行いセルフケアの質向上をサポートしています。

歯を鏡で見る女性

歯並びを治したい

歯並びが悪いと見た目や噛み合わせに影響を与え、ときにメンタルにも影響が及ぶ場合があります。当院では、口元に自信を持てない方に笑顔を取り戻していただけるよう、歯並びを改善する治療をご提供しています。

歯並びが悪いことによる影響

歯並びが悪いと、見た目の印象が違ってきますし、噛み合わせにも影響するため、以下のような多くの悪影響が懸念されます。

  • 歯の磨耗・破折
  • 顎関節症
  • 肩こり・頭痛
  • 歯周病
  • 歯ぎしり
  • 気鬱 など
  • 歯の磨耗・破折
  • 顎関節症
  • 肩こり・頭痛
  • 歯周病
  • 歯ぎしり
  • 気鬱 など

また、「見た目が気になって口を開けて笑えない」「自分に自信を持てない」など、メンタルに影響する場合もあります。コンプレックスを解消し、素敵な笑顔を取り戻していただくため、当院では患者様一人一人にあった矯正治療をご提供しています。

子供の矯正と大人の矯正

「子供のうちに矯正治療を受けたかった」という方も少なくないと思います。確かに、子供のうちに矯正治療を受けることのメリットはありますが、大人になってからでも遅くありません。

小児矯正のメリット

  • 顎の成長をコントロールしながら歯を動かせる
    (骨格のバランスを整えられる)
  • 抜歯せずに矯正治療を行える可能性が高くなる

成人矯正のメリット

  • 治療に協力的である
  • 成長が完了しているため、治療計画が立てやすい
  • 自分で管理が行える

美しい口元と正しい噛み合わせによって得られる効果は、一時的なものではありません。大人の方も、気になる歯並びを治していただきたいと願っています。

お口全体をみて噛み合わせを整えます

噛み合わせ治療の説明をする歯科医師

噛み合わせは歯と歯の接触を言いますが、歯だけでなく、「噛む」という動作に関わる筋肉や顎関節などのバランスを考慮して調整を行うことが必要です。当院では、ドーソン咬合理論に基づいて長期的に安定する正しい噛み合わせを作り、お口の健康はもちろん、全身の健康につなげます。

歯磨きをしている子供

子供の歯を守りたい

歯の健康は、お子様の成長に大きく影響してきます。子供のうちに歯の健康を守る習慣を身に付けることが、将来の健康につながってくるでしょう。
当院では、お口の健康管理を通して、お子様のすこやかな成長をサポートいたします。

お子様の歯を虫歯から守るために

歯科衛生士と子供の患者

お子様の歯は、大人の歯に比べて虫歯になりやすく、一度虫歯になると進行しやすい特徴があります。そのため、徹底した虫歯予防が大切になりますが、「乳歯はどうせ生え変わるから…」と甘く考えている保護者様も少なくありません。

乳歯の虫歯は永久歯にも影響しますし、お口の健康はお子様の成長に悪影響を及ぼしかねません。毎日の歯磨きだけでなく、フッ素塗布やシーラントによって、虫歯リスクを低減することをおすすめしています。

正常な歯並び・噛み合わせをつくるために

歯科医師と子供の患者

正しい歯並び・噛み合わせを作ることは、お子様の歯の健康を守るだけでなく、顎の正常な発育や全身の健康、すこやかな成長につながっていきます。

小さいうちから、お子様の歯並びや噛み合わせをチェックし、お子様にとって良いタイミングで矯正治療を始めてあげることも大切です。また、定期的なチェックは、お口の異変にいち早く気付いたり、予防の知識やセルフケアの習得にもつながります。「歯並びや噛み合わせが気になる」という保護者様は、お気軽にご相談ください。

お知らせNEWS

  • 2018.08.07サイトをリニューアルしました。
copyright Family dental clinic. All right reserved.