ファミリー歯科医院

048-471-8020

診療時間:9:00~13:00/14:30~19:00 休診日:日曜日・祝日

メンテナンスの必要性

メンテナンスはなぜ必要?
全身への効果とは?

虫歯や歯周病の治療が完了したら、「もう歯医者に行かなくても良い」ということではありません。
痛みが出たり、何らかのトラブルが生じたりして、初めて歯科を受診する方が多いですが、
痛くなる前の受診が歯を守ります。病気になって、痛みが出てからでは遅いのです。
メンテナンスとは、歯を守るための治療です。病気が発生しにくい口内環境をつくり、長期的に健康を守ります。

メンテナンスが必要な3つの理由

プロフェッショナルケア

1.プロフェッショナルケアが予防効果を高める

「毎日歯磨きをしているのに、虫歯になってしまった」といった声を多く耳にします。歯磨きは予防の基本ではありますが、誰にでも磨き残しはあるため、歯磨きだけで効果的に病気を防ぐのは困難でしょう。
また、歯石やバイオフィルムは、歯磨きでは除去できないため、専用の器具を使用して除去する必要があります。プラーク1mgには10億もの細菌がいると言われていますが、お口の中の細菌を少しでも減らすことが、虫歯・歯周病の予防において大変重要です。

歯医者で行うメンテナンス(プロフェッショナルメンテナンス)では、専用の器具を用いて歯を磨きあげ、徹底的にお口の汚れを除去します。セルフケアとプロフェッショナルメンテナンスを併せて行うことが、効果的な虫歯・歯周病予防を実現します。

歯磨き指導する歯科衛生士

2.歯磨きで完璧に汚れを落とせていない

メンテナンスでは、クリーニングによってお口の汚れを徹底的に除去するだけでなく、少しでも磨き残しがなくなるようにブラッシング指導を行います。セルフケアの質を高めることも、予防効果を高めるために欠かせません。

ブラッシング指導に対して、「今さら」と思う人も多いかもしれませんが、実は正しく磨けていない人が多いです。どこが磨き残しになりやすいのかをチェックして、磨き残しにならないようにブラッシングを行えるよう、スタッフがアドバイスを行います。

カウンセリング中の院長

3.リスクに応じた予防が必要

虫歯や歯周病の根本の原因は、お口の中の細菌です。しかし、発症リスクを高める要因はたくさんあり、人によって違っています。
唾液の歯を守る力が弱い人もいれば、生活習慣や噛み合わせが病気の発症に影響している人もいます。また、お口の中に虫歯や歯周病の原因細菌が多く存在している場合も、病気が発症しやすくなります。人によって異なるリスクに対し、アプローチすることが効果的に歯を守ることにつながります。

当院では、さまざまな検査を行い、患者様によって異なるリスクを把握し、オーダーメイドの予防をご提案いたします。単にクリーニングを行うだけでなく、さまざまな角度から病気をみて、効果的にお口の健康を守るサポートをいたします。

メンテナンスの効果は
全身の健康にも!

歯周病の悪影響は、全身に及ぶことがわかっていて、リスクを高める病気・トラブルには次のようなものがあります。
メンテナンスによって歯周病の効果的予防に努めることは、さまざまな全身疾患の予防にもつながります。

歯周病が高める
全身疾患リスク

歯周病の悪影響は、全身に及ぶことがわかっていて、リスクを高める病気・トラブルには次のようなものがあります。メンテナンスによって歯周病の効果的予防に努めることは、さまざまな全身疾患の予防にもつながります。

辛そうなサラリーマン
辛そうなサラリーマン

歯周病によってリスクが
高まる
病気・トラブル

糖尿病
脳梗塞
心筋梗塞
動脈硬化
誤嚥性肺炎
早産・
低体重児出産

歯を守ることで
防げる全身疾患

歯を失って噛めなくなると、次のような悪影響が懸念されます。定期的メンテナンスで歯を守り、噛める状態を維持することが、全身疾患を防いで全身の健康を守ります。

頬を支える女性
頬を支える女性

歯を失い噛めなくなることの
悪影響

認知症
肥満・糖尿病
脳血管疾患
転倒
胃腸への負担
免疫力低下

歯の喪失と認知症の関係

認知症のお年寄り

よく噛むことは、食べ物を飲み込みやすくしたり、消化吸収しやすくしたりするだけでなく、脳を活性化するという効果があります。よく噛んで食べると、脳の血流量を増やし、脳の働きが良くなるのです。そのため、多くの歯を失って噛めなくなると、脳への刺激が減少します。

認知症の発症原因は明確になっていませんが、ほとんどの歯を失い、入れ歯も使用していない人は、認知症の発症リスクが約1.9倍に高まるという研究結果もあります。咀嚼と脳の働きは密接に関係しているため、しっかり噛むための歯を守ることが、認知症予防においても大切です。

お口の健康と
健康寿命の関係

近年は、「健康寿命」という言葉をよく耳にするようになりました。健康寿命とは、健康上に問題がなく自立した生活を送れる期間のことを言います。
しかし、平均寿命と健康寿命には差があり、その差は約9年、女性で約13年となっています。つまり、亡くなるまでの10年ほどを、多くの人が寝たきりになったり、介護が必要になったり、不健康な状態で過ごしているのです。

認知症や脳血管疾患、転倒など、介護が必要になる原因疾患は、お口の健康と深く関係しています。メンテナンスによりよく噛むための歯を守ることが、多くの疾患予防や健康寿命の延伸につながると言えるでしょう。

セルフケアと歯医者で行う
メンテナンスの
両方が必要

歯科医院でプロの手によるメンテナンスを受けることで、歯を失うリスクを大幅に減らすことが出来ます。しかし、それも患者様自身がセルフケアをしっかり行っていることが前提の話です。

セルフケアと歯科メンテナンス

歯科医院でのメンテナンスよりもセルフケアを行う時間の方が多いため、いくらプロケアを受けていてもセルフケアがしっかりされてないと虫歯や歯周病といった口内トラブルが発症・再発・進行してしまいます。毎日行う正しいセルフケアと、定期的な歯科医院でのメンテナンスで、健康的な口内を維持しましょう。

メンテナンスの頻度

歯科医院で行うメンテナンスの頻度はリスクによって異なりますが、基本的に3ヶ月に1回くらいです。メンテナンスを継続して行い、リスクが低減してきたら、半年に1回など頻度が低くなるケースが多いです。
メンテナンスの頻度については担当の歯科医師の指示に従いましょう。

お知らせNEWS

  • 2018.08.07サイトをリニューアルしました。
copyright Family dental clinic. All right reserved.