TBI

TBI
歯を正しく磨けていますか?
~セルフケアの質向上・TBIの必要性~

言うまでもないことですが、歯磨きは大変重要です。患者様自身で行う予防(メンテナンス)は、歯磨きがメインです。定期的に歯科医院でメンテナンスを受けても、毎日行う歯磨きがしっかり行えていなければ、効果的な予防につながりません。
長期的な口の中の健康維持には、正しい歯磨きの習得が必要です。

TBIとは?

歯磨きの指導をする歯科衛生士

TBIとは“Tooth Brushing Instruction”の略であり、歯磨き指導のことを言います。毎日歯磨きを行っている人でも、虫歯や歯周病になってしまいます。正しく歯磨きが行えていない人が多いのです。

もちろん、歯磨きだけで完璧に病気を防げるとは言い切れませんが、毎日の歯磨きを軸としてメンテナンス(歯科医院で行う予防治療)を取り入れることが大切であり、TBIの成功が予防治療の成功につながります。

TBIのメリット

1. どこが磨けていないのかを把握

自己流の歯磨きでは、磨き残しになりやすい場所が出てきます。磨き残しになりやすい場所は人によって違いがあり、磨き方だけでなく歯並びや使用する歯ブラシの違い、利き手などによっても違います。自分のうまく磨けていない場所を把握することが大切です。

2. 歯磨きのコツを習得

歯の向き・生え方・形状は、1本1本違っています。そのため、平面を磨くのとは違って磨き残しになりやすく、磨く箇所に応じて適切な歯ブラシの当て方・動かし方が求められます。 正しい歯の磨き方・コツを習得することによって、効果的にプラークを除去できるようになります。

3. 正しいブラッシングの維持

TBIは定期的に実施することで、予防効果が高まります。定期的な受診で、正しいブラッシングが実施されているか、それによりどのような効果が出ているのかを確認します。
定期的なTBIにより正しいブラッシングを維持することは、口腔内を清潔に維持できる・口の中の変化を確認できるといったメリットがあり、長期的な健康維持につながります。

歯磨きの目的

プラーク・細菌の図

そもそも歯磨きの目的は何か、ご存知でしょうか。歯磨きは、食べカスを取り除くことだけを目的として行なっているわけではありません。歯に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌の繁殖を防ぐことが大きな目的です。
プラークはネバネバしていてうがいで除去できないため、歯ブラシなどの清掃用具で物理的に除去する必要があります。

病気の根本原因はプラーク内の細菌

虫歯や歯周病の発症リスクは一つではなく、唾液の質や量、生活習慣など多くのことが複雑に関係しています。しかし、病気が発症する根本の原因はプラークの中に存在する細菌であり、健康維持には歯磨きによるプラーク除去効果を高めることが有効です。

口腔内細菌が及ぼす全身への影響

プラーク1ミリグラムに1億個もの細菌が含まれていて、その種類は300とも言われています。口の中の細菌は、虫歯・歯周病といった病気の原因になるだけでなく、口臭も引き起こします。
さらに、近年は口腔内細菌と全身疾患の関係も明確になっていて、歯周病菌をはじめとする嫌気性細菌は、糖尿病や心臓の病気、早産、誤嚥性肺炎などのリスクを高めることがわかっています。

歯を磨く習慣がある人は多いのですが、正しく“磨けている”人は少ないのが実情です。確かに、歯磨きで完璧にプラークを除去することは困難ですが、正しいブラッシングで少しでも口の中の細菌を減らすことが大切です。

毎日の歯磨きの質を向上させ、定期的にチェックやクリーニングを受けることで予防効果が高まります。そのことが、生涯の歯の健康、全身の健康につながるのです。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

PAGE TOP